武器の種類と使い方

スポンサーサイト

「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」では、様々な武器が登場します。武器の強さがリンクの攻撃力に直結しますので、どんな武器を装備するかはとても重要です。

武器の種類と特徴、使い方をまとめましたので、参考にしてください。

小剣系

武器解説


スタンダードな武器です。片手で持ちます。盾も装備できるため、攻守のバランスが取れています。

小剣には剣系をはじめ、こん棒や骨、木の枝などが含まれます。

使い方

通常攻撃では、左右に剣を振り回した後なぎ払います。範囲内にいる敵にまとめて攻撃することができます。

ため攻撃では、剣を構えた後回転攻撃をします。ため時間が長ければ長いほど、回転攻撃の範囲と威力が増します。

小剣 攻撃力TOP10


大剣系

武器解説


攻撃力を重視した武器です。盾を装備することはできません。動作もやや重たくなります。

大剣にはオノ系、ハンマー系などがあります。

使い方

通常攻撃では、敵の態勢を崩すことができます。また、通常攻撃の2段目を当てると、敵が持つ盾を弾き飛ばすことができます。そうなったら攻撃のチャンス。一気に決着をつけましょう。

ため攻撃では、くるくる回転して周りの敵に攻撃をします。回転はがんばりゲージがもつ間は続けることができます。ボタンを離すと、武器をその場に叩きつける攻撃をします。

冒険でも活躍

大剣の中には、敵に攻撃する以外の役割を果たすものもあります。

例えばオノ系の武器は、ほかの武器に比べて楽に木を切り倒すことができるという特徴があります。木を切り倒したい方向を正面にして切ると、崖や川に橋をかけることができます。

「コログのうちわ」も便利な武器です。攻撃力こそ低いものの、使うと風をおこすという特徴があります。イカダの帆に風を当てて動かしたり、なにかを風で飛ばしたりと便利な使い方があります。

大剣 攻撃力TOP10


やり系


正面の敵に対して素早く攻撃をする武器です。大剣に比べて攻撃範囲が狭いものの、敵と距離を取って戦うことができる特徴があります。

使い方

通常攻撃では、正面に敵に素早い突き攻撃を連続して繰り出します。数回攻撃した後に強力な突き攻撃をし、敵をいくらか吹き飛ばすことができます。

ため攻撃では、ボタンを押している間素早い突きを出し続けます。最後の強力な突き攻撃では、敵を吹き飛ばします。

ゼルダの伝説では、あらゆる武器を投げて攻撃することができるのですが、やり系の武器はより遠くまで投げることができる特徴があります。中でも「投てき槍」は、さらに遠くまで投げることができます。

槍 攻撃力TOP10


関連情報

→武器一覧

スポンサーサイト